スポンサードリンク

関節痛とヒアルロン酸

関節痛の原因としては、軟骨の表面がざらざらして弾力性が低下し、
力のかかる部分がだんだんすり減っていくことが原因です。これは、
関節軟骨などに含まれ、関節の動きをよくしたり(潤滑作用)、
クッションのように衝撃を吸収する働きをしているヒアルロン酸の減少に
よるものです。
ヒアルロン酸は加齢とともに減少していきます。ヒアルロン酸が減少すると、
肌のハリがなくなったり、関節の動きが悪くなり、痛みを生じることが多いです。
特に皮膚では、大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸の量は、赤ちゃんの
20分の1といわれるほどです。
関節の痛みに対する治療には、痛み止めの内服薬や貼り薬などがありますが、
このほかによく行われている治療として、膝や肩の関節にこのヒアルロン酸の
注射を行う方法があります。


*ヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸は、もともと体内(目や皮膚、関節など)に含まれている成分で、
優れた保水力と非常に高い粘性と弾性で注目を集めており、身近なものでは、
化粧品や健康食品などに使用され、また医薬品の原料としても使用されています。

ヒアルロン酸=優れた保水力+非常に高い粘性と弾性


◇ヒアルロン酸注射
・関節の痛みを抑える
・炎症を抑える
・関節の動きをよくする
・軟骨の磨耗を抑える


関節痛とは

関節痛は、常に関節炎が原因で起こるとは限りません。
関節痛には、炎症性関節痛と非炎症性関節痛の2種類の関節痛があります。
炎症性関節痛は膠原病、脊椎関節炎、感染性関節炎、リウマチ熱、痛風、
偽痛風などです。それに対して、非炎症性関節痛は、外傷や変形性関節疾患などです。
運動によって起こる指、肘(ひじ)や膝(ひざ)、肩などの関節痛は
半月板損傷や靭帯損傷などがあります。
また骨関節症は、関節軟骨の変性および骨棘の突出によるもので、45歳以上
の人に非常によく見られます。
関節痛の原因には、軟骨の擦り減り、過度の運動または運動不足、老化、
肥満、免疫異常などがあります。

指、肘(ひじ)や股、膝(ひざ)、肩などの関節痛を起こす疾患には、
関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、進行性全身性硬化症、混合性結合組織病、
多発性筋炎、シェーグレン症候群、強直性脊髄炎、ライター症候群、乾癬性関節炎、
炎症性関節炎、リウマチ熱、若年性関節リウマチ、変形性関節症、感染性関節炎、
ベーチェット病、痛風(特に足の親指)、偽痛風、神経病性関節症、血友病性関節症、
骨粗鬆症などで関節痛が出現します。






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。